悪玉コレステロールと善玉コレステロールとは?

●リポタンパクの役割を整理してみよう
脂質を包み込んで血得中を運ぶリポタンパクの働きを、もう一度整理してみよう。

カイロミクロンは、小腸で作られ、食事からとった中性脂肪を全身の組織や肝臓へ運搬する役割をしています。VLDLは、肝臓で作られる中性脂肪を全身の組織へ運搬する役割をしています。この過程で、VLDLの一部は、IDLに変化します。

IDLは、中性脂肪を運搬しつつ最終的にはLDLになります。
LDLは血液中で合成され、コレステロールを全身の組織へ運搬する役割をしています。

HDLは、肝臓、小腸、血液中で合成され、血液中や各組織であまったコレステロールが血管内などに溜まらないように、肝臓に運搬する役割をしています。

●善玉コレステロールと悪玉コレステロールはどこが違うのか?
コレステロール自体に善玉と悪玉があるわけではありません。前述したようなコレステロールを運搬するリポタンパクの種類によって、善玉と悪玉に分けているのです。

一般的に、LDLを悪玉コレステロール、HDLを善玉コレステロールと呼んでいます。これはLDLがコレステロールを全身の組織に運搬しているのに対し、HDLは、余ったコレストロールを回収する役割をしているからです。

ようするに、コレステロールを運搬するLDLが過剰に増えると、結果的に血液内のコレステロール量が増加し、その状態が続くとコレステロールが血管に溜まってしまい、その結果、体に悪影響を及ぼす動脈硬化などを引き起こしやすくなるのです。

逆に、あまったコレステロールを回収する役割のHDLが血液内に多いと、血液中のコレステロール量が過剰にならずにすみます。ということは、コレステロールを回収するHDLが減少した場合も、結果的に血液中のコレステロール量が増加することになります。ですから、コレステロールの運搬役のLDLと、回収役のHDLのバランスが重要だということです。

●他の悪玉コレステロール
主に中性脂肪を運搬する役割を持つカイロミクロンやVLDLといったリポタンパクも、コレステロールを少なからず運んでいるため、これらが血液中に増えすぎても健康を害することに繋がります。

また、血液中に中性脂肪が増加しすぎても、コレステロールほどではないものの、動脈硬化に繋がることがわかっています。