あなたの肥満は皮下脂肪型肥満?内臓脂肪型肥満?

男性で体脂肪率が25%、女性で30%以上の人を肥満と呼びますが、なかなか体脂肪率を正確に量ることは難しいです。そこで、肥満かどうかを判断する目安としてBMIが一般的に使用されています。
BMIは「体重kg÷身長m÷身長m」という簡単な計算で求める事ができます。例えば、身長160cm、体重57kgのBMIは、57÷1.6÷1.6=22となります。
そして、このBMIの値が22を基準として、25以上を肥満としています。

もちろん肥満自体は病気ではありませんが、BMIが25以上になると、生活習慣病にかかる割合がBMI22の人と比べて2倍に跳ね上がります。
また、BMIが25以上は、病院では肥満症と診断されることもあります。

ひと口に肥満と言っても大きく2種類に分かれます。
1つは代表的な肥満タイプで外見ですぐにわかります。お腹が出て、足や腕はパンパン・・・これは、皮下脂肪型肥満と呼ばれます(洋梨型肥満)。

もう1つは、外見上、さほど肥満とは思えない人の中にも見られるもので、内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)と呼ばれます。よく「隠れ肥満」といいう言葉を聞きますが、それは内臓脂肪型肥満を指しています。