内臓脂肪型肥満を放置しているあなたは、ある日突然死ぬ

肥満が原因となる代表的な生活習慣病には、「糖尿病」「高血圧」「高脂血症」があります。肥満度が高くなるほど、これらの病気になる危険度も増します。
さらに、これらの病状が原因となり「動脈硬化」を起こす可能性も上がります。
動脈硬化とは、動脈壁の内膜にコレステロールが付着、内膜が肥厚し、中膜が変性、石灰沈着などが起こり、肥厚・硬化した状態で、動脈の血管が弾力を失い硬くなってしまう状態の事です。その結果、血管がもろくなり、血管内が狭くなることで血流が妨げられます。動脈硬化が怖いのは自覚症状がなく、ある日突然心筋梗塞などになり、命を取られることもあります。

心筋梗塞や脳卒中は、動脈硬化により狭くなった血管に、血栓(血液のかたまり)が詰まる事で引き起こされます。
これら以外にも、肥満の人の方が、大腸癌、前立腺癌、乳癌、子宮癌などにかかりやすくなっています。

肥満には、皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満に分かれますが、生活習慣病になりやすいのは後者です。内臓脂肪型肥満、つまり隠れ肥満は外見でも気づきにくく、本人も気づきにくいので注意が必要です。

体重やBMIからは内臓脂肪型肥満と判断しにくい場合も多いです。特に体重は変わらないのに、ウエストが太くなってきた場合は内臓脂肪型肥満の可能性があります。中高年の男性や、ダイエットを繰り返してきた人も内臓型脂肪肥満が多いようです。

内臓脂肪型肥満の目安はウエストサイズで推測する事ができ、男性で85cm、女性で90cm以上の人は、内臓脂肪型肥満と言われていますし、それが原因で生活習慣病になる危険性が高くなります。

またBMI25以上の肥満の人で、お腹をつまんだ時に、つまんだ厚さが2cm未満の場合は内臓脂肪型肥満とである可能性が高いと言われています。